保育の特徴
introduction to the nursery school
  • 0歳からの就学までモンテッソーリ教育をベースにした保育を行います
  • 園全体がひとつの家族のような、あたたかい保育を目指します
  • 発達に応じた保育グループ編成 (縦割り保育)
  • 羽根木公園などへ日々出かけ 自然の中で遊びを楽しむ戸外活動
  • 旬の食材を使ったバランスの取れた食事提供
  • 子どもの健康を、栄養士、看護師を含め多角的に保育に繋げていく環境
  • 梅丘至誠保育園と梅丘至誠パーチェの一体的な保育内容
  • 梅丘至誠パーチェの進級先は、梅丘至誠保育園となります

保育グループ

当園ではモンテッソーリの教育プログラムに基づき、以下のような保育グループで進めています。それぞれのお部屋は、全ての教材、什器備品のサイズ・重さ等において、そこで暮らすお子さまの発達に合った環境が構成されています。また、保育士たちの動くスピードも声の大きさも、お子さまに合わせてコントロールしています。

3つの保育グループ

 

ニド(6か月~1歳半位)

ニド ニドというのは、イタリア語で「巣」という意味であり、親鳥の羽の下、十分な養護的援助を必要とする大切な時期です。 1日を通して、それぞれ違っているリズムが守られるように、食事・睡眠・活動のコーナーが常設されています。 離乳・歩行が完成するまでの大切な時期を過ごします。

 

 

 

 

インファントコミュニティ(I.C)1歳半~3歳位

歩行が完成し、自由に動き回れるようになった1歳半から3歳くらいまでのお子様のグループです。 モンテッソーリ教育に基づく異年齢混合保育形態をとっています。 模倣活動も盛んになり、着脱・食事・排泄・睡眠・清潔等基本的な身辺自立を身に付けます。

 

 

 

 

プライマリー(3歳位~就学まで)

幼児になると、異年齢のお子様との交流もますます重要になってきます。 お子様同士の学び合いを大切にしたいという考えから、3~5歳児のモンテッソーリ教育による異年齢混合教育方式をとっています。

 

 

 

 

 

 

保育の4本柱

当園ではモンテッソーリの教育プログラムに基づき、以下のような保育グループで進めています。

Copyright © 2020 梅丘至誠保育園. All rights reserved.